「バラのソーワローズ」が産地直送で新鮮なバラの花束やアレンジメントを全国に宅配しています。

また渥美半島屈指のラン名人の胡蝶蘭やマスクメロンも産地直送致します。



 
 

  FBページはこちら

 

■お電話でのお問い合わせ・ご注文

午前7時〜午後7時

0531-34-2287
お急ぎの場合は
090-5627-6345
(代表 河合)

■FAX(24時間対応)

0531-34-2286

■メールinfo@sowarose.com

バラの花

用途で選ぶ

 お手紙同封できます
貴方の直筆のお手紙お花に添えられます。1)届け日の4日前までに当社へ着くようにお手配くだい。2)パソコンのメールに便箋などに手書きしたお手紙をお送りください。(A4紙にカラー印刷させていただきます)
HOME»  代表ブログ・今日のステキ

代表ブログ・今日のステキ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ひまわり」にまつわる思い出から気づいたこと。2020.8.1

私はヒマワリの群生を目にすると、いつもではないがフラッシュバックしてくる映画のワンシーンがある。

マーロンブランドとソフィアローレンの演ずる「ひまわり」だ。

別れを決めたソフィアローレンの嗚咽する姿と 
汽車の窓越しに映し出されるひまわりの群生が蘇ってくる。


そして48歳で他界した母の姿と、

自分の若かりし頃成就しきれなかった恋の思い出も 大概セットで顕われて、

胸の奥のどこかがチリリと痛んでいた。



そして63歳の誕生日を間近にした今

自分の人生をどう締めくくりたいのか という想いに突き動かされて

これまでの人生を振り返る作業に取り組み始めた。


このブログもその一環といえる。



そんな中7月30日フェイスブックに我が家の近所に咲くひまわりの群生の写真と

冒頭の思い出のコメントを添えてアップしたら、


アメリカに住むある男性からメッセージが送られてきた。

『ひまわりは嫁の一番好きな花です。ステキ 』と。


それにコメントを返し、やり取りをすしていく中で 私は思い出した事があった。



あ~そういえば と 

高校の卒業の記念にと色々な人に一言を書いてもらったが


厳しさが先に立つ様に見えて 若干生徒達からも敬遠されていた 保険体育の女の先生から

以外にもこんなコメントが添えれれていた事を思い出したのだ。




「おケイの笑顔は向日葵のように輝いていた。 それを自分の財産だと思うように。 〇〇〇〇」 と。 

後の〇〇の言葉はどうも思い出せないが (苦笑)




そして私の投稿をきっかけにやり取りした会話には 最後こう書かれていた。


『嫁は ヒマワリは太陽のように輝いていて、

周りに笑顔を振りまいてて、大好きだそうです。


恵子さんの高校の先生はよく見ていますね。

恵子さんはひまわりです。

輝いています。』 と




Fbで知り合えた、遠くアメリカに住む男性から届けられたエールのメッセージによって


図らずもこうして ひまわりの花を目にするとファラッシュバックしていたチリリな思い出に


自己否定が先に立つことの方が多かった過去の思い出に


まるで光りを放つ思い出が蘇ってくるきっかけを



私はギフトされたように思う。




これからを生き切るために、

自分のビジョンを見つける為に

私はこれまでの人生から

光を探し出したいと思う。








2020-08-01 16:04:25

コメント(0)

お彼岸の供え花

ここ数日来 お彼岸のお供えにというご注文を頂き 朝に夕にセッセとお供え花を活けています。


お彼岸のお供えアレンジの一番人気は 白バラにユリとカラーとカスミソウを添えたアレンジメント。


いづれの花も 真っ白で涼やかで心洗われる。 ご先祖を供養するというお彼岸にふさわしい花だと


カゴに盛り付けながら感じる。



お彼岸お供えアレンジ

お墓用の小さな花束もユリが好まれ たくさん束ねました。


どれ位のご予算の方が多いかといいますと・・・


遠方にお送りする場合は 1万円が最も多く 

お墓参りに持参される花束は 一束1500円~2000円くらいの花束を対でご購入されます。


ご予約は発送日の三日前までならなんとかできます。


詳しくはHPでご確認戴くか お電話にてお問い合わせください。


お彼岸花 お供え花 ソーワローズ


*******************


今日の事

お彼岸ってどういう意味だっけ? 


どうして春と秋があって お墓参りやお供えするようになったんだっけ?


と 姑や我が家に訪ねてきた親せき衆に聞いてみた。


改めて聞かれると・・・と一様に明快な答えが返ってこなかった((笑




ネットで調べてみたら


お彼岸は春と秋の2回あり 春分 秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後合わせた7日間をいう。


ご先祖様や自然に感謝をささげる仏道精進の期間で 日本独特の仏教行事。


お彼岸には、お墓参りをしお花や線香を供えて 亡き人を偲ぶ。 etcとあった。


我が家のお彼岸は 仏壇におはぎ餅とお花を供え 親せき衆も集まってお墓参りに行き

一同に会しての食事会 といった様子です。


巷はシルバーウイーク! 空の便も新幹線も道路も混雑 とかまびすしいですが


あなたはどんなお彼岸をお過ごしでしょうか。




花とフルーツの産直通販会社・ソーワローズ

ご注文・お問い合わせ等 おまちしております。

愛知県田原市越戸町山下592-2

TEL0531-45-5358

info@sowarose.com/

https://www.sowarose.com/

 

2015-09-21 09:49:51

コメント(0)

ミリオンバンブー!縁起の良い植物をギフトに♪

最近 多くのご注文を頂きます

その名は・・・ミリオンバンブー

    別名・・・サンデリアーナ・ラッキーバンブー・富貴竹......等呼び名が御座います。

名前からも明るいのびのびしたイメージが湧いてきますね♪
その通り! 幸せを運んでくれる縁起の良い植物といわれています。

夏は明るい日陰 春秋はレース越しの等
季節に合わせた育て方も無理なく出来る上 成長を楽しみ続けることが出来る
ミリオンバンブーは

敬老の日を前に 
お子さんやお孫さんから感謝の気持として

または上に伸びるということから
お子さまがいらっしゃるご家族へ贈り物としての  ふさわしいギフトになるでしょう。


2015-08-20 11:34:02

コメント(0)

薔薇のアレンジで感謝と愛を込めて。

常々の感謝の気持ちを 
花にして送りたいとのご希望頂きました。


ピンクや赤の薔薇を中心として
綺麗なカーネーション、かすみ草も一緒に連なり
明るいアレンジが出来上がりました。


溢れんばかりの感謝と愛のメッセージをご一緒に♪

優しさ溢れる送り主の笑顔と
アレンジされた薔薇を目にされての喜びはひとしおでしょう。








 

2015-08-17 15:58:27

コメント(0)

赤い薔薇の花束。

今回の 赤い薔薇の花束は還暦祝いのお席に との事でご用意させて頂きました。

華やかな薔薇も 躍動しているようです♪




2015-08-09 12:42:31

コメント(0)

お盆のお供え花

お盆も近づくにつれ お供え花のご注文が相次いでいる ソーワローズです。
涼やかな色合いの白い百合と薔薇で 今は亡き方を偲ぶ花。

ホームページ上にはまだ商品としての掲載が間に合っていませんが ご予算・ご要望等に応じて
お作りしています。

2015-08-09 09:40:15

コメント(0)

上品な色合いバラ、百合のアレンジ


今回のご注文は 白、ピンクのバラと百合を中心にあつらえました 優しいアレンジです。
お互いの気品をひきたてようとする 花達の 
穏やかな顔ぶれが

心にうるおいを与えてくれるようです。



2015-08-08 10:05:00

コメント(0)

香り漂う 美しいバラ♪

またまた 綺麗なピンクのバラ  ~イヴ ピアッチェ~

大輪であるのに 気品さを漂わせるバラの花束のお届けです♪

なによりも............   

香りの持つ美しさに 惹かれます♪



2015-08-07 09:00:00

コメント(0)

ピンクの薔薇 その名は オール4ラブ。

本日はピンクの薔薇を中心とした 鮮やかなアレンジのご注文頂きました。

バラの名前は「オール4ラブ」  数ある薔薇のなかでも 色濃いピンクであり
大きな花が満面と咲き踊っています。

溢れるような発色は アレンジが出来上がっていくのを眺めるのも
幸せな 気持ちに染まります♪




2015-08-04 10:49:50

コメント(0)

赤バラのアレンジを妻の誕生日に贈る。

7月28日 今日もいい日♪

「HPを検索して」 とご新規さんが立て続けにお二人 ソーワローズにお尋ね下さった。

お一人は 「明日妻の誕生日なのだが 今日の今日で間に合いますか?」と 真赤なバラのアレンジをご所望。

丁度サムライと名付けられた開花につれて内弁にビロードの光沢が宿る赤いバラが 
冷蔵庫に鎮座し、出番を待っていた。


太平洋に面して建つ作業場の 開け放された窓から 心地よい海風が吹き抜けるなかで

ひとり至極平穏で 豊かな気持ちを戴きながら 丁寧に活けた。


今日の仕事場のBGMは 「10人の作曲家によるアヴェ・マリア名曲集」


花を活けながらいつも色んなことを想う。

ソーワローズではほぼ毎日のように誰かが誰かの誕生日を祝う花のギフトに関わっているが、

今日ふと思ったことは 世の中で「妻の誕生日に花を贈る」という旦那さんの割合ってどれ位なんだろう」って。


夫婦という関係を継続していくには 結構な辛抱や忍耐を要するときもあると思う。

そういった諸々の葛藤も 花を贈る その一つことで心持ちが和らぎ まるで潤滑油を得た歯車のように
滑らかに廻りだすこともあるのではないか


20年・25年も過ぎていくにつれて 「ああ あの時こうしてもらったなあ、こんな言葉をかけてもらえたなあ」
とか いいことの方が辛く感じたことより思い返されてきて だんだんと穏やかで静かな関係に移行していく
のではないかと 自分たち夫婦を振り返るに思う。

「 30歳 誕生日 おめでとう 」

夫から妻に向けてのメッセージが添えられた 真赤なバラのアレンジ。

若い夫婦の間で積み重ねられる 二人にしか紡げないヒストリーのなかで
きらり輝く一コマになるに違いない。






 

2015-08-01 13:10:29

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5